外壁タイル修繕

ビル外壁のタイルの劣化が激しくなり、落下の恐れが出てきたので

注入工法により、修繕を行いました。

ドリルでタイル目地に小さな孔を開け、そこから専用の接着剤を注入します。

事前に打診検査を行い、浮きのある箇所を調査の上マーキングして補修箇所を確定します。

したがって、足場を組み実際に全体を打診検査してからでないと、工事数量が出ないので、事前の見積もりは、概算見積もりとなります。

外壁にタイルを施すのは高級感があり、景観も良いですが、メンテナンスに少々コストが掛かってしまうデメリットもあります。

リフォームデータ

内容 外壁タイル修繕
建物 ビル
施行価格
工期